NATSUKI HOSOKAWA DESIGNNATSUKI HOSOKAWA DESIGN

art director / designer

ほそかわ なつき

Natsuki Hosokawa

1984年神戸生まれ。 2008年成安造形大学グラフィックデザイン学科卒業。
卒業後、(株)リッジクリエイティブ入社。 2010年、(株)トーキョウグレートヴィジュアルで
広告デザインに携わった後、ディレクターとして企業の販促制作に携わる。
2018年にNATSUKI HOSOKAWA DESIGN設立。
イリュージョンミュージアム、BIWAKO BIENNALE、滋賀県「美の滋賀」、
ARTCOMPLEX「ギア」「舞踏館」、KOBE U25 PROJECT、など
ミュージアムやアート事業のロゴ・VI制作を始め、
広報戦略を含めたグラフィックからWEBまでの提案を行う。
フォトグラファーやイラストレーター、印刷会社と共同し、
各プロジェクトに寄り添った独自の世界観の創出を得意とする。
最近では明治元年創業「箱屋常吉」のリブランディング、
珈琲豆袋再生ブランド「ユリ」の商品開発からアウトプットまで
ブランドに関わるビジュアル全般を担当。

2017 unknown asia Exhibition 2017 in Japan
2019 Gmund Award 2019 nominate in Germany
2019 “Mr.Okure × 60Artists Exhibition” in Japan
2019 “New generation graphics 新世代の注目デザイナー100人” 書籍掲載

Born in 1984 in Kobe, Japan.
In 2018 established NATSUKI HOSOKAWA DESIGN after working as
a designer and an art director at design companies.
I work widely from a production of company logo and VI production
to graphic/web PR strategies for school,fashion brand and so on.